石油ランプの喫茶店『北一ホール』に行きたくなった!

IMG_3515

今や外食はチェーン店が花盛り。
どこへ行っても東京にあるのと同じお店があります。
知っているお店は有る意味安心感はありますが、せっかく遠くに行ったんだからその土地ならではの食べ物を楽しみたいもの。
とはいえ、知らない土地でパーフェクトなお店に入るのは難しい。

今回ご紹介するのはyoccoの小樽『北一ホール』の話。
小樽は北海道でも人気の観光地。
その中でも人気の喫茶店だそう。
調べてみると母体はガラスの会社のようです。

店内は暗く、167個の石油ランプのみが明かりのよう。
ロマンチックですね!

IMG_3558

建物は明治24年築だそうで、ノスタルジックな雰囲気が記事から感じられます。

旅先で、こんなステキな場所でお茶ができたら、思い出もとびっきりステキなものになりそうですね。

▼今回ご紹介した『yocco』の記事
【北海道cafe】小樽 北一ホールは明治24年築。石油ランプで幻想的な空間。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

堀田智子

ブログ「ちわわのまま」の中の人。「ブログを楽しみたい!」という想いを込めてBlogger Selectionに参加中です!ちなみに、ガジェットとバッグと美味しいものが大好き