古のロマン♪古代蓮の話

ブロガーセレクション

ニュースは耳に入り、そして忘れていくと思っていましたが、ジャンクワードの森の記事を読んで、そーだこんな話もあったよね!って思い出したのが『白岡の古代蓮』。
古人が愛でていた蓮の花が現代に蘇った話。

ググってみるとこの蓮は、平成3 ~ 4年の土地改良工事で蓮の実が発見されて、近所の農家の方が繁殖に成功したものだそう。
その後、東京大学の渡辺達三教授に鑑定を依頼し、蓮の品種が原種の蓮であり、古代蓮と呼ばれている『大賀蓮』『原始蓮』と分かったそうです。
年代は定かではないものの、約1200年前の平安時代の頃の蓮ではないかと推測されているそうです。

それにしても植物の生命力はすごいですね!
1000年以上も前の蓮の実から花が咲き、現代の人々の心を癒してくれます。

ブロガーセレクション1

蓮の花はこれからが見頃。
お盆のお花という感じですが、このように所以を知ると会いに行きたくなります。

ちなみに私はレンコンも好きです(笑)。

▼今回ご紹介した『ジャンクワードの森』の記事
白岡の古代蓮、今は7分咲きかな

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

堀田智子

ブログ「ちわわのまま」の中の人。「ブログを楽しみたい!」という想いを込めてBlogger Selectionに参加中です!ちなみに、ガジェットとバッグと美味しいものが大好き