手軽に楽しめる4Kはもう始まっていた!

DSC08913

4Kの画像が撮れるとか見れるというのは、まだまだ先だと思っていました。
例えば次の東京オリンピックの時とかね。
ところがDigital Life Innovatorの記事で、既に4Kが撮れるカメラが発売されていることを知りました。
それも、めっちゃ小さい!
見た目、普通のコンデジですね!

DSC_0141

紹介されているカメラは7月31日発売のSONYのハイエンドコンパクトデジタルカメラRX100シリーズ最新機RX100IV(RX100M4)。

RX100M4の特徴は、
・メモリー一体型1.0型の積層型Exmor RS CMOSセンサーを搭載
・従来の5倍以上ものデータ読み出し速度を実現
・最大960fps(40倍)のスーパースローモーション映像が撮影できるようになった
・最高1/32000秒の高速シャッターを実現
・4K動画記録にも対応

最近、私の界隈がSONYのカメラに移行する傾向にあります。
その上、写真もきれいになった!
今まで、SONYのカメラを使ったことがなかった私ですが、SONYのカメラにかなり興味津々です(笑)。

▼今回ご紹介した『Digital Life Innovator』の記事
SONY RX100M4 隅田川花火大会を4K動画で撮影

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

堀田智子

ブログ「ちわわのまま」の中の人。「ブログを楽しみたい!」という想いを込めてBlogger Selectionに参加中です!ちなみに、ガジェットとバッグと美味しいものが大好き