サスペンスドラマのラストに出てくる断崖絶壁は見たいけど怖い、けど見てみたくなる

能登半島観光

以前、『火曜サスペンス劇場』という2時間のドラマ枠がありまして、ほとんどのドラマの終わりは犯人が断崖絶壁に追い込まれるというお決まりのラスト。
ドラマの内容は忘れましたが、このような断崖絶壁には、行ってみたい、でも怖そう、でも一度は見てみたい絶景です。

この記事に書かれている『能登金剛』は、松本清張作「ゼロの焦点」の小説の影響を受けて、女性が身を投じたという、まさにリアルな舞台でもあったようです。

記事は穏やかさと激しさと能登の様々な顔を迫力ある写真で紹介されています。
読めば読むほど興味が湧き、行ってみたくなりました!

・能登半島を代表する絶景!「巌門洞窟」でパワフルな自然を感じる!

http://airoplane.net/2014/05/16/ganmon-kongo.html

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

堀田智子

ブログ「ちわわのまま」の中の人。「ブログを楽しみたい!」という想いを込めてBlogger Selectionに参加中です!ちなみに、ガジェットとバッグと美味しいものが大好き