世界遺産に決定したばかりの国立西洋美術館で開催されている銅版画展の様子

東京で初めての世界遺産「国立西洋美術館」。
世界遺産という言葉を聞くようになって久しいですが、東京にはなかったんですね!
今回、「国立西洋美術館」が世界遺産に決定というニューズで、東京には世界遺産が今まで無かったことを知りました。
ま、考えてみれば今では東京で古いものを探すので大変です。
兎にも角にもめでたいですね!

ブロガーセレクション

美術館は、ほとんどが撮影NGなんですが、取材となると別。
今回、OREGADGETの記事で、最新の国立西洋美術館の様子や、今展示中の「銅版画展」の様子をみました。

国立西洋美術館は初めてみた時も今も古さを感じさせない、本当に近代的な感じを残す建物。
それが建物のデザインの素晴らしさなのでしょうか?

国立西洋美術館は、世界遺産の建物を楽しみ展示物も楽しむ、一粒で二度美味しい美術館ですね。

▼今回ご紹介した『OREGADGET(オレガジェット)』の記事
国立西洋美術館で2016/9/19まで開催中の「聖なるもの、俗なるもの メッケネムとドイツ初期銅版画」に行ってきた♪

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

堀田智子

ブログ「ちわわのまま」の中の人。「ブログを楽しみたい!」という想いを込めてBlogger Selectionに参加中です!ちなみに、ガジェットとバッグと美味しいものが大好き