忍者ってマジでナンジャ!?

私のようなおばちゃん世代になると、子供頃には一週間に一度くらいはテレビで「忍者」って言葉を聞いていたように思います。
時代劇もかなりあり、よくも悪くも活躍するのは忍者のような感じ。
水の上を歩いたり!
壁と同化したり!
ひょいと屋根の上に上がったり!
魔術師か?トリックか?目を凝らして見ていた子供の頃。
日本人なのに、こんなことができるなんて!
忍者って、本当に不思議な存在です。

そんな遠い記憶の謎が解けるかもしれない企画展が日本科学未来館で開催されているようです。

日本科学未来館_The NINJA

忍者を「未来館」で謎を解き明かすっていうのも、なんか面白い!

記事の中で面白い!って思ったのが、

忍者は、現代の職業でいうと「新聞記者」に当たるかもしれないとのことですよ!

だそう!
へー!ですね!

今まで気になっていた「手裏剣」。
ドラマでも漫画でも、手裏剣は「シュシュ」と投げられるもの。
以前、手に持ったところ、重くて、忍者の能力の凄さを感じていたんですが、どうやら「手裏剣シュシュ」はなかったようです(笑)。

女忍者の「くノ一 (くのいち)」も気になるところ。

いっぱいいっぱい気になる忍者。
ここに行ったら私の忍者に対する謎は解けるかな?

▼今回ご紹介した『子ナビ』の記事
この夏、忍者の知恵を科学の視点から解き明かす!「The NINJA -忍者ってナンジャ!?-」が日本科学未来館で開催中!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

堀田智子

ブログ「ちわわのまま」の中の人。「ブログを楽しみたい!」という想いを込めてBlogger Selectionに参加中です!ちなみに、ガジェットとバッグと美味しいものが大好き