あか牛は赤身が美味しい熊本県阿蘇郡産山村の牛

黒毛和牛というと高級牛肉をイメージしますが、なんと『あか牛』なるものもいるとか。
牛はどうしても黒か白黒のモノトーンをイメージしますが、赤毛の牛もいるんですね!

褐毛和種(あかげわしゅ)こと『あか牛』は赤身の旨さが特徴なんだとか。

牛肉は『霜降り』を追い続けている私ですが、よる年波と健康を考えると脂は遠慮したほうが良さそう。
でも味気ない赤身は悲しい。。。
そんな私に、赤身の旨さが特徴の『あか牛』は朗報です!

ブロガーセレクション

『あか牛』は、阿蘇郡産山村の大自然で育てている和牛。

阿蘇といえば、気象庁震度階級では最も大きい震度7を観測する熊本地震での災害も記憶に新しいです。
『あか牛』も、さぞ怖かったことでしょう。

ちなみにOREGADGETの記事によると、

脂身の少ないギュッと詰まった赤身肉の弾力のある触感で、噛めば噛むほど肉の旨味が口の中に広がって、気がついたらニヤニヤが止まらなくなります♪

これは食べてみたい!

▼今回ご紹介した『OREGADGET(オレガジェット)』の記事
熊本県産山村の和牛「あか牛」を堪能してきた♪ in GACHAGACHAはなれ(三鷹)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

堀田智子

ブログ「ちわわのまま」の中の人。「ブログを楽しみたい!」という想いを込めてBlogger Selectionに参加中です!ちなみに、ガジェットとバッグと美味しいものが大好き