ソニーのウォークマンの大人仕様

猿が音楽を聞きながら静かに目を閉じているCMは、今でも目に焼き付いています。
とても衝撃的でした。
そして、それから『ソニーのウォークマン』は、若者を中心にめっちゃ流行し、それっぽいものが溢れ出しました。
どこでも音楽を聞く文化を確立させたのが『ソニーのウォークマン』ではないでしょうか?

でも、今ではスマホでも、どこでも音楽を楽しめる時代になりました。
もうすでにウォークマンの役割は終えたのか?と思ったら、そうでもなかったようです。

IMG_0234

Digital Life Innovatorの記事を読んでいて、スマホでも代用できる音の持ち運びに、ウォークマンにユーザーが求めるものは?ということが気になりました。

確かに音楽が好きで耳の良い方は『スマホでは実現できない音のこだわり』もあるでしよう。
私が気になったのは、新しいウォークマンのビジュアル。
金とブラックは大人をイメージしているのか?って思いました。
猿のCMを若い頃に見てウォークマンを使っていた人は、もう大人。
若者のグッズのようだっウォークマンは、年を経て大人のグッズとして、これからも生き続けていくのかな?と思いました。

▼今回ご紹介した『Digital Life Innovator』の記事
ソニーフラッグシップモデル 30万のウォークマンと20万のヘッドホンの組み合わせを体験 #音のこだわりの全て

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

堀田智子

ブログ「ちわわのまま」の中の人。「ブログを楽しみたい!」という想いを込めてBlogger Selectionに参加中です!ちなみに、ガジェットとバッグと美味しいものが大好き