もう一眼なんていらない?!と思わせる表現力のCANON PowerShot G7 Xの記事

IMG_0059

一眼で撮影する意味はより美しい写真が撮れるということがあると思うのですが、コンデジでもこれだけ撮れるんだったら、もう一眼なんて要らないんじゃない?って思わせる記事です。

CANON PowerShot G7 Xは10月3日発売のハイエンドコンデジ。
価格も7万円前後なのでエントリータイプの一眼の本体も買える価格です。
発売前からモニターしているDigital Life Innovator。
成田山新勝寺での撮影は建物の美しさはもちろん、護摩供養と火渡り修行の人々の生き生きとした姿もとらえられています。

これだけ美しい写真がコンデジで撮れるんだったら一眼にこだわらなくってもいいような気がしました。
コンデジだったら持ち運びもラクチンだし邪魔になりません。
これだけの写真が撮れるんだったら旅行に最強なカメラだと思いました。

記事には動画も紹介されていて、CANON PowerShot G7 Xをご検討の方は読まれてはいかがでしょうか。

・CANON PowerShot G7 X 成田山新勝寺 柴灯大護摩供と火渡り修行

http://saya.s145.xrea.com/archives/2014/09/powershot_g7_x.html

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

堀田智子

ブログ「ちわわのまま」の中の人。「ブログを楽しみたい!」という想いを込めてBlogger Selectionに参加中です!ちなみに、ガジェットとバッグと美味しいものが大好き