女性杜氏がいる埼玉の酒蔵

IMG_5807
熱燗の季節になりましたね。
冬はいつもより、より日本酒の話題が多くなります。
日本酒とえば有名な産地のものが美味しいとされ、関東近郊では有名なお酒は聞いた事がありませんでした。
ところが意外に関東でも美味しいお酒を作る条件が整っており、古くから日本酒が作られています。

ご紹介するのは埼玉県の酒蔵の話。
こちらの酒蔵の跡取りは女性。
まだお若いのですが、真摯に酒造りに向き合っているのが印象的でした。
だいぶ前に流行った『夏子の酒』を思い出しましたね。

この取材では日本酒作りで印象に残っていた、お酒をかき回すということを実際にさせていただきました。
また30日でできるお酒は、仕込みからの期間で全く違う表情をしています。
お酒は生きているということを実感させていただき、驚きました。

身近なものでも作り方が分かると親近感がより増します。
女性の杜氏の活躍を見せていただくと親近感も、もっともっと増します。
この冬は以前にもまして、日本酒で体も心も温めたいですね。

・若き女性が作る日本酒が美味しい 越生・佐藤酒造店

http://chiwamama.com/2013/10/ogoze.html

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

堀田智子

ブログ「ちわわのまま」の中の人。「ブログを楽しみたい!」という想いを込めてBlogger Selectionに参加中です!ちなみに、ガジェットとバッグと美味しいものが大好き