国の重要文化財「旧前田家本邸」を最も軽い一眼CANON EOS Kiss X7 と最新のレンズEF-S24mm F2.8 STMで撮影した話

前田邸

キヤノンの薄型パンケーキレンズ「EF-S24mm F2.8 STM」が11月30日に発売されました。
私もEF40mm F2.8 STM を使っているので気になるレンズです。
なので作例を見つけては、見ています。

今回、ご紹介する記事は「EF-S24mm F2.8 STM」で国の重要文化財「旧前田家本邸」を撮影したもので、外観から内部まで本体はキヤノンのエントリーモデルであるEOS Kiss X7 と「EF-S24mm F2.8 STM」で撮られたものです。
EOS Kiss X7 は一眼の中でも、最も軽い一眼。
それに薄いパンケーキレンズの「EF-S24mm F2.8 STM」の組み合わせはとっても軽い一眼となります。

私も以前EOS Kiss X7 をモニター使用したことがあるのですが、EOS 70Dを持っているにもかかわらず、モニター機を返却後に購入したいと思わせるほどのカメラでした。

EOS Kiss X7 と「EF-S24mm F2.8 STM」の組み合わせは、軽さと性能の良さで旅行にパワーを発揮すると思います。
旅以外でも軽いのでバッグにいつも入れてもそんなに負担にならないと思うので、移ろいゆく季節をいつでも撮るために持っていてもいいように思います。

記事の中の写真はとても美しく、思わずx7が欲しくなりました。
コンデジではなく一眼で思い出を残したいと思っている方には最適なコンビではないでしょうか。

・【写真19枚】EF-S24mm F2.8 STMをつけて駒場の重要文化財「旧前田家本邸(洋館)」と駒場公園を散策してきた

http://eoskiss.com/archives/1023

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

堀田智子

ブログ「ちわわのまま」の中の人。「ブログを楽しみたい!」という想いを込めてBlogger Selectionに参加中です!ちなみに、ガジェットとバッグと美味しいものが大好き