晩秋の京都の寂しさとたおやかな金魚たち

PC110520

京都はどうしても紅葉真っ盛りという時期が人気なのかもしれませんが、晩秋のほうが風情が増すと思わせてくれる記事です。
一気に冬の様相ですが京都の魅力は晩秋にアリという記事をご紹介しますね。

嵐山は私も大好きな場所で、散歩をしながら古都・京都の古を楽しめます。
自然発生したテーマパークのよう。
豪華絢爛なお寺があったり、落ち人がこじんまり過ごしたのかな?って思うような建物があったり、舞子さんにも会ったり、これだけで京都気分を満喫できるような気がします。

記事には気持ちいいくらいまっすぐに伸びている竹林と、今年最後と言わんばかりに燃えている紅葉に心を奪われます。
おーーー!って思いながら見て行くと夏に東京でも見られた『アートアクアリウム』が二条城でも開催されていたというので、手を伸ばせば触れそうな金魚の写真が!
写真のという平面の表現とは思えない美しい金魚たち。
年末の忙しい時期。
心もアタフタしていますが、リフレッシュできました!
ちょっと心に余裕がないなって思ったときには見てもらいたい記事です。

・OLYMPUS OM-D E-M10 京都 嵐山の竹林と二条城の金魚

http://saya.s145.xrea.com/archives/2014/12/post_874.html

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

堀田智子

ブログ「ちわわのまま」の中の人。「ブログを楽しみたい!」という想いを込めてBlogger Selectionに参加中です!ちなみに、ガジェットとバッグと美味しいものが大好き