単焦点レンズの魅力がいっぱい?SIGMA 30mm F1.4 DC HSMで撮影した写真たち。

単焦点レンズ作例

EOSKiss.com(for Family)より、キヤノンの一眼レフカメラ「EOS Kiss X7」とSIGMAの単焦点レンズ「30mm F1.4 DC HSM」で撮影した写真を、2014年上半期でまとめているのでご紹介します。

単焦点レンズと言えば、なんといってもボケ味!簡単に背景をぼかすことができるので、私も初めて使った時の感動を覚えていますよ。カメラライフを楽しむ1つの道具として、ご検討あれ!

さてさて、夏真っ盛りな気温の東京ですが、そろそろ避暑地で活動してみたいもんだすなぁ。「涼しげな写真を撮るコツ」とか教えてもらいたいものです。

・【2014年上半期】EOS Kiss X7と単焦点レンズ(30mm F1.4 DC HSM)で撮影した写真まとめ

http://eoskiss.com/archives/739

小さい子供と一緒に行くハワイ旅行レポート!(オアフ島)

ホノルル動物園

夏に向けてハワイ旅行ネタをピックアップ。

1歳の子供を連れて行った海外旅行は、色々と気になる部分がありますよね。子ナビでは、2012年に行った子連れハワイレポートを公開しています。

必ず航空会社に相談しておいた方が良い事から始まり、現地での子供の食事についてや、海以外の遊び方なんかも書かれていますのでご参考までに。

それにしても、旅行はブログネタの宝庫ですね!そして、過去の旅行レポートというのは長く生きる情報ネタでもあるので、参考にしつつも自分も情報を残していこうかなと考えている本日でございます・・・。

・1歳の子どもとハワイ旅行へ!旅行中に気づいたことや注意点などレポート。

http://nochineta.net/archives/9716

小さい子がいるご家庭にはフード付きがお勧め。

コンセントカバー

小さい子がいるご家庭なら、1度は検討したことがあるであろう電気機器まわりの整備。本体はもちろん、配線周りをいじられると色々困ることもあるかと思います。もちろん子供に危険が及ぶのはもってのほか。

しかもコンセントまわりは、直接危険性もあるので気をつけたいところですよね。そこで、むねさだブログで紹介されている「コンセントカバー」がなかなか良さげ。

我が家では、プラスチックの電源プラグを差し込んでいましたが、このコンセントカバーなら子供が自力であけられないし安心ですね!我が家でも検討してみよう・・・。

・赤ちゃんのいたずら防止に!リッチェルのコンセントカバーを取り付けたぞ!

http://munesada.com/2014/07/04/blog-3358

 

雰囲気を撮影するポイントを集約!子どもを撮影するときのご参考に。

撮影方法

EOS Kiss X7を使って撮影している「EOSKiss.com(for Family)」から、「顔が映っていなくても可愛らしさを表現するポイント」が書かれている記事をご紹介。

子どもの表情を撮影することで「可愛いらしさ」を表現できると思いますが、この記事で紹介されている写真は「ブログのポリシー上、子どもの顔は出さない」という部分から生まれたというのが面白いところです!

視点を少しだけ変えることで、自分なりの撮影方法を探してみたいと思います。

ただ、記事でも書かれていますが、子供の写真を残すときはちゃんと顔も入れて撮影してあげましょう(笑)

・子どもの顔が映っていなくても可愛い写真は撮れる!5つのカテゴリに分けて写真をまとめてみた

http://eoskiss.com/archives/617

Amazonファミリーってどうなの?Amazonプライム?定期おトク便?2つのブログから情報をピックアップ!

Amazonファミリー3

アカチャンホンポのような専門店をはじめ、アスクルが運営するLOHACO(ロハコ)、楽天市場などなど色々な場所で簡単に子供用品を購入できると思いますが、皆さんはをどこで買っていますか?

今回の記事のテーマは「Amazonファミリー」。

「おむつと言えばAmazon」という話を私も聞いたことがありますが、Amazonファミリーという形になってよりお得に、より買いやすくなった!・・・かも知れない。

まぁ、「正直よくわからない!」という方も多いのではないでしょうか?

そこで、いまいちわかりにくいAmazonファミリーについて書かれている記事を3つご紹介します!

■amazonファミリーに速攻登録した「むねさだブログ」!

Amazonファミリー

この記事でも書かれていますが、下記の2点は共感する人も多いのではないでしょうか?そこで、Amazonファミリーというわけですね。

  • 子どもが生まれるとベビー用品を買う機会がグッと増える
  • 忙しくて店頭まで行く暇がない

既にAmazonを使っている人であればお勧めできるし、マタニティ商品やその他の商品も対象になっているので、出産を控えている人にもおすすめかもしれないとのこと。

この記事には、一連の流れが書かれていますので「Amazonファミリーはちょっと気になってた!」という方は是非ご確認を。Amazonファミリーの特典についても記載されています。

・子供がいる親ならめちゃ便利!amazonファミリーに速攻登録したぞ!

http://munesada.com/2013/12/17/blog-2508

■Amazonファミリーの注意点を調べた「子ナビ」!

Amazonファミリー2

子ナビの記事では「メリットを理解し有効的な使い方を」ということで、Amazon内の文章を引用しながらポイントとなる部分をピックアップしています。

記事の更新日は「2013年12月08」なので規約など更新があるかもしれませんが、要点を押さえるという意味では、登録する前の最終確認として1度読んでみるのがいいと思います!

・Amazonファミリーはここに注意すべき!メリットを理解し有効的な使い方をしていこうじゃないか!

http://nochineta.net/archives/16315

■Amazonファミリーの定期おトク便って何?!

Amazonファミリー3

Amazonファミリーの1つの特徴である「定期おトク便」ですが、定期購入契約をすることで通常の値段よりも安く買えるというのがポイントです。

定期契約でありつつも、配送前であればいつでも注文をストップできたりするんですが、途中で値引き率が変わってしまうことも?!

少しでもお得に購入したい方は、チェックしてみてください!

・【Amazonファミリー】「定期おトク便」を申し込む際にチェックしておくべき事をまとめてみた!

http://nochineta.net/archives/17802

日本でも数少ないフランス積み?富岡製糸場の歴史的背景をレポート。

富岡製糸場5

ついに富岡製糸場が世界文化遺産に登録決定!ということで、富岡製糸場に行かれたブロガーさんの記事を紹介します。

富岡製糸場の歴史的な背景はもちろん、各建物にまつわるお話や特徴的なポイントがまとまっていて、「なるほど。」の一言。中でも「日本でも数少ないフランス積みを取り入れている」というお話はとても面白いですね!

「日本に古くからある建物」というと、建物を見ただけで「日本っぽいよね」と感じることができると思いますが、富岡製糸場は少し毛色が違います。

日本の伝統を盛り上げるために西洋の技術を取り入れる。とても面白いコラボレーションです。

・富岡製糸場 世界遺産登録勧告を受けた近代化の原点を見学してきました

http://ameblo.jp/crown-bird/entry-11857309902.html

【フォトレポート】3つのブログから見る富岡製糸場の世界観とは!

富岡製糸場

さて、本記事を書いている2014年6月21日18時現在では、世界遺産に登録はされたという情報が流れていますね!おめでとうございます。

富岡製糸場は、正直なところ「世界遺産になるか?!」というニュースがいきなり耳に入り、一気に認知度が上がったのは間違いないと思いますし、私も詳しく知ってみたいと感じたのもそのタイミングだったと思います。

さて、現地に向かったのは「ちわわのまま」「おいしい毎日」「Digital Life Innovator」「EOSkiss.com」の4ブログ。今回の企画は、おいしい毎日のToori氏を中心に富岡製糸場やその周辺地域のレポートを行っています。

そして本記事では、「富岡製糸場フォトレポート」ということで3記事をピックアップ!同じ場所に行ったのに、撮影するポイントが違いうから面白いですね。

■ちわわのままがCanon EOS 70Dで撮影した富岡製糸場

一眼レフカメラCanon EOS 70Dと単焦点レンズEF40mm F2.8 STMで撮影した写真を20枚紹介しています。

建物の表面の質感などが良くわかりますね。たしか、一部の建物は昔からそのまま保存されているはずなので、劣化している部分があるのは当たり前。劣化した部分も魅力的に見えますね。

・Canon EOS 70Dと単焦点レンズEF40mm F2.8 STMで撮る富岡製糸場

http://chiwamama.com/2014/06/tomioka-2.html

■Digital Life Innovatorが撮影する男性っぽい写真!

富岡製糸場2

NIKON D7100+18-200mmまたはSONY RX100M3で撮影した写真を1つの記事に集約。

同じ建物で視点が違ったり、やはり工場の中の写真は男性っぽい感じがしますねぇ。また、他の2名とは違って「縦長」の写真が多くなっています。それもあって写真の雰囲気が全然違うんですよ。

・日本近代化の原点の一つ 世界遺産登録直前の富岡製糸場を観てきました

http://saya.s145.xrea.com/archives/2014/06/post_832.html

■EOSkiss.comでは、富岡製糸場の世界観を「油彩風」で表現

EOSkiss.comでは、EOS Kiss X7とシグマ30mm F1.4 DC HSMの組み合わせで撮影。さらに、撮影した写真を「油彩風」というカメラ内の加工機能を使って、少し違った雰囲気を表現していますね。

上の2名のブログとはちょっと違った富岡製糸場が見られると思います!

・西洋の技術と日本の伝統を融合した富岡製糸場の世界観に触れる。

http://eoskiss.com/archives/663

さぁ、3名の富岡製糸場フォトレポートはいかがでしたか?富岡製糸場に行く方は、ご参考になれば幸いです!

※今回の旅は、高崎にある楽しい眠りの専門店株式会社プレジールさんが富岡製糸場が世界遺産登録もありシルク製品のすばらしさを知って欲しいとご招待頂いたもので、旅費を提供していただき、登坂社長さん自ら群馬の魅力を案内していただきました。

夫のスーツにパナソニックの衣類スチーマー(NI-FS300)!!

衣類スチーマー(NI-FS300)

文頭の「By watashi」がとっても気になる迷ホトの衣類スチーマーレポート。

「クリーニング代がスーパー節約できる」ということで購入したそうで、旦那さんのスーツを手入れした時の様子がまとまっています!

確かに、スーツのクリーニング代ってバカにならないんですよ。しかも、デスクワークが多いとしわの付き方がハンパない・・・。家でアイロンをかけてもなかなか綺麗にならないし、かけて次着たら一瞬でしわになりますしね。

お金で解決!それがクリーニングや。

でも、自宅で簡単にしわを伸ばせるのであれば・・・。そんな期待ができそうです!

・パナソニック衣類スチーマー(NI-FS300)で夫のスーツを手入れした件

http://yoko-desu.blogspot.jp/2014/03/ni-fs300_27.html

沖縄に家族旅行!小さい子どもを連れて行く際のご参考に!

子連れ沖縄旅行

子どもネタ、家族ネタを配信しているブログ「子ナビ」から、家族旅行ネタをピッアップ。

子連れ旅行の中でも、空路を使う旅行は色々と気になるところがある方も多いでしょう。この記事では、0歳と2歳の子どもを連れて沖縄に行ってきた旅行記がまとまっています!

子連れ旅行は、本当に荷物が多くなってしまいます。そこで大手ショッピングセンターを活用しましょう!(子ナビより)

そう、現地調達!それが一番楽。

この夏、お出かけの予定の方は是非チェックしてみてください!

・[まとめ]0歳と2歳の子供を連れて沖縄旅行に行ってきたレポート。

http://nochineta.net/archives/11753

雰囲気抜群でフォトジェニックな柴又・山本亭。

柴又・山本亭にて

入場料100円(中学生以下は無料)で中を見学でき、もちろん写真も撮り放題という「山本亭」。後から調べてみて気づいたんですが、この山本亭は「合資会社山本工場(カメラ部品メーカー)」の創立者である山本栄之助氏の自宅だったそうです。

別に、この家でカメラの部品を作っていたわけではないと思いますが、不思議と撮影したい気持ちがわいてきますね(笑)

ブログ「ツブヤキ。」の記事では、写真を中心に紹介していますので是非どうぞ。全体を映している写真ではなく、山本亭の部分部分を切り取った写真が魅力的です!

・柴又 山本亭にて

http://tunakko.net/?p=8647