イルカはすごい!

次男がまだ赤ちゃんの頃、イルカショーを見に行って、その後、イルカの水槽に行くと、私の前でイルカが何回も垂直にジャンプするんです。
当時、赤ちゃんだった次男をおんぶして、風船を持っていたので、その風船に反応して垂直にジャンプしてくれたのかもしれません。
何回も何回も。
本当に不思議な体験でした。
私と次男の目の前で何度も何度も垂直飛びをするので、アジかイワシを持っていたら、あげたいくらいでした(笑)。

その時に思ったのは、イルカって本当に頭がいいんだ!ってこと。
人間とコミュニケーションを取れるってこと。
イルカの能力って本当にすごいですよね!

ブロガーセレクション

その素晴らしいイルカの能力を実感できるのがイルカショー。
子供が大きくなると、足も遠のきましたが、元うなぎ屋NEOの記事を読んで、子供関係なく、自分だけでじっくりと鑑賞しに行きたくなりました!

それにしても動きのあるイルカや海の生き物たちを上手く捉えた写真にびっくり!
楽しさが伝わってきました!

▼今回ご紹介した『元うなぎ屋NEO』の記事
イルカショーに感動!八景島シーパラダイスで「海の動物たちのショー~Jump Jump Jump~」鑑賞(写真あり)

花火と飛行機のコラボが素晴らしすぎる!

まだまだ夏休みを満喫している私ですが、早く写真撮りたい!って思わせてくれるブログ記事が!
これは素晴らしすぎる!

そもそも飛行機をこんなにダイナミックに、かつ美しく撮るのは大変なのに、花火とのコラボはすごすぎます!
一気に写真撮りたい!ブログ書きたい気分を蘇らせてくれました!

P8200236

大阪国際空港(伊丹空港)は羽田と違い、山が近くにあり、めっちゃ違った感じがします。
近くの千里川土手からの撮影は、見るたびに行きたくなります!
なんだか、歌が聞こえてきそうなロマンチックな雰囲気も醸し出していますね。

こういう写真を見ると、本当にすごいな!と目が醒めるようです!
写真、上手くなりたいな!

▼今回ご紹介した『Digital Life Innovator』の記事
飛行機と花火のコラボを撮影してみた 大阪国際空港千里川土手から猪名川花火大会

写真をフォトブックにするとよりステキな思い出になる

カメラがデジタルになってから、現像(プリント)することが、より少なくなりました。
プリントはいつでもできるし、見たかったらパソコンの画面とかカメラの液晶とかスマホとかで見れるし、保存といえば保存しているし・・・
ってワケで、プリントした写真が少なくなってきたワケですが、今回フォトブックを作る体験をして、プリントされた写真の良さを実感しました。

ココアル

フォトブックの良さは、自分が撮った写真なのに、本のようになると、あたかもプロが撮ったような感じになること。
また、フォトブックはレイアウトもできて、ストーリーさえ感じるかのようです。
そして次はもっといい写真を撮りたい!って気持ちになりますね!

残しておきたい思い出は、フォトブックにするのがいいかも!って思いました。

▼今回ご紹介した『Digital Life Innovator』の記事
ジャストシステム ココアルクイック 撮り貯めた想い出の写真を アプリで簡単に綺麗なフォトブックに

▼今回ご紹介した『子ナビ』の記事
ココアルのフォトブックは表紙もしっかり!思い出はデータだけじゃなくカタチにも残してみよう!

▼今回ご紹介した『ちわわのまま 』の記事
ジャストシステムのフォトブック『cocoal』はしっかりとしたハードカバーでクオリティの高さに驚いた

プレミアムミラーレスカメラ[FUJIFILM X-Pro2]はクラシカルでビジュアルもステキなカメラ

DSC03452

今年も沢山のカメラが発売されています。
カメラは持っていても、スペックが上がったり、新しい機能がついたりすると、ついつい欲しくなります。

カメラ沼

よく言ったものです(笑)。

DSCF0908

Digital Life Innovatorが書いているのは今年発売されたばかりの富士フイルム[FUJIFILM X-Pro2]。
[FUJIFILM X-Pro2]は富士フイルムのXシリーズでの史上最高の画質と機動性を実現したフラッグシップモデル。
プレミアムミラーレスカメラです。

それにしても[FUJIFILM X-Pro2]はクラシカルでビジュアルもステキですね!
私にとってカメラはビジュアルも大事!
性能よりもビジュアルが気に入って欲しくなることもあります。

カメラは性能に加えビジュアルにも魅力があります。
本当に沼のごとくハマり続けます(笑)。

さぁて、次はこの子?って思わせる記事でした。

▼今回ご紹介した『Digital Life Innovator』の記事
Xシリーズ最高峰FUJIFILM X-Pro2をお借りしました #FujifilmX

ステキ!PhotoDesigner フォトデザイナー yoccoの誕生!

ブロガーセレクション

最近のyoccoの活動には驚きます!
平日はOLということでお仕事をしているワケですが、こんなにステキな写真も撮っています。
もはやブロガーというよりもクリエイター。
クリエイトの報告をブログで発表という感じでしようか。
とっても素晴らしいです!

驚くのは作成するのが写真だけではなく、肩書きまで作っちゃっていること!

フォトデザイナーと名乗ってみている理由は、作品撮りをやってみて「写真を撮ってる時間は案外少ない」と思ったから、です。

確かに、yoccoの写真は他のブロガーというか、巷に溢れる写真には無い空気感もあるし、セッティングもステキです!

私の場合、写真はブログ記事の説明になればいいなぁって思いながら撮っていたら壁にぶち当たり、yoccoの活動に感化されて、また今写真を撮るのが楽しくなりました!
ありがとう! yocco!

そして、PhotoDesigner yoccoの誕生です!
これからもyoccoの活動に目が離せません!

▼今回ご紹介した『yocco』の記事
Julia’s Portrait 2016/03 フォトデザイナーとは?

Instagramを始めたら写真の加工ソフトが気になってます

スクリーンショット 2016-03-26 11.53.10

私は今までブログに使う写真はノー加工。
撮って出しでした。
写真の加工が面倒臭いというのが大きな原因ですが、加工すると別のものになるような感じもしていました。

ところが最近ハマっているInstagram。
Instagramもイロイロな使い方があると思うのですが、Instagramにおいて私が好きな写真は写真そのものを出しているものより、全く違う色や状態に加工したものが今は好きですね。
というワケで、私の写真もぐいぐい加工してInstagramに載せています。

P2280129-Edit-Edit_HDR-Edit-Edit-Edit

そうなると気になるのが加工するソフト。

やはり面倒臭がりの私はInstagramについているものを使っているんですが、そろそろ他のものを使いたくなってきました!

そんな私が気になった記事のご紹介です。

Digital Life InnovatorがGoogleが買収したNik SoftwareのLightroom/Photoshop/Aperture用の写真編集プラグイン集「Nik Collection」を書いています!

最近、写真展などに行くと、どうしたらどういう設定でこんな写真が撮れるんだろう?って思っていましたが、加工の技術も相まっているようですね!
これからは撮るだけではなく加工の技術も磨かなきゃって時代になるんでしょうか。

▼今回ご紹介した『Digital Life Innovator』の記事
GoogleのLightroom/Photoshop用の写真編集プラグインNik Collectionを無料ダウンロードしてHDR合成してみた

月のクレーターまでクッキリ!超望遠コンデジの威力

DSCN0557

昨夜は満月でしたね。

私は今まで何度も月の撮影を試みるも、ただの白い丸にしか撮れません。
私にとって、月って本当に難しい。
いつか、バッチリとクレーターまで撮ってみたいものです。

そんな私の願いをコンデジで撮っちゃったDigital Life Innovatorの記事のご紹介です。

DSCN1576

月のクレーターって、天文台にあるような大砲のようなレンズでないと撮れないと思っていました。
ところがコンデジでもこんなに撮れちゃんですね!
いゃービックリですビックリ!

それにしても次から次へと欲しいカメラが出てきて困りますね(笑)。

▼今回ご紹介した『Digital Life Innovator』の記事

HALF MOON and FULL MOON by Nikon COOLPIX P900

大迫力!超望遠デジカメで撮ったディズニーランド

DSCN0194

遊びたい!観たい!撮りたい!思い出残したい!とディズニーランドに行くと大忙しなんですが、かなりカメラが遊ぶのには邪魔(笑)。
ところが、先日書いた超望遠デジカメがあれば、かなりディズニーランドも楽しめそうですよ!

まずはなんといっても超望遠。
ここまで撮れるのか!と驚く写真が沢山です!

DSCN0301

普段高いところだったり、パレードもしばらく待ってからじゃないと近くで見れなかったりするんですが、この超望遠デジカメがあれば、パレードが始まるギリギリまで遊んでいても、ステキな写真が撮れそうですね!

ディズニーランドやディズニーシーへ行く時に一番悩むのはカメラ。
一眼は重いし、コンデジじゃ不満。
スマホは電池が無くなると困るし、なんて毎回悩むのですが、この超望遠デジカメがあれば、私のディズニーリゾートでのカメラの悩みは解消されそうですな(笑)。

▼今回ご紹介した『Digital Life Innovator』の記事
フローズンファンタジーな東京ディズニーランドを超望遠デジカメCOOLPIX P900で撮影
東京ディズニーランド #CM10商品モニター中 #LUMIX

1.3km先の人を撮影できる超望遠コンデジ

P3120024

まるでSFの世界のようなデバイスがどんどん出ているようです。
1.3km先にいる人を鮮明にキャッチできるデジカメがあるなんて!
もう、ナニも悪いことはできませんwww

カメラとしてはコンデジになるようです。
カメラに慣れていない人でも使いやすそう!

DSCN0061

記事では1.3km離れた場所から東京スカイツリーを撮影し写真が掲載されていますが、間近で撮ったかのようです。

暖かくなると旅行とかちょっとしたお出かけとか、とにかく出歩きたくなります。
でもカメラが重いとちょっと躊躇しますよね。
このタイプのコンデジはカメラを知らない人には一眼に見えたりしたりして、ワンランク上のカメラを持っているアピールにもいいかも(笑)。

ついついカメラを持ってお出かけしたくなるワクワクする記事です。

▼今回ご紹介した『Digital Life Innovator』の記事
換算2000mmで1.3km先の人を撮影 光学83倍の超望遠デジカメ Nikon COOLPIX P900 #minpos

PENTAX K-1の発売で新たな写真の世界が生まれるのか?

R0010802

以前モニター使用させていただいたPENTAX K-3。
自分の持っているカメラとは違った世界観は、とてもワクワクするものでした。

それよりも上位機種のフルサイズデジタル一眼レフK-1が発売されるようです。
先日開催されたCP+では、体験するのに40分も並んだとか!
かなり注目されているようです。

P2270139

今回、この記事を書くにあたり、自分のブログでPENTAX K-3をモニターしていた時の記事を読み返してみました。
当時撮った写真は、今見てもいつもの自分の写真とは違う面白さがあります。
ぜひK-1も使ってみたいという衝動にかられました!

PENTAX K-1は2016年4月下旬発売予定。
お値段もフルサイズ(笑)。

ってワケで、早くPENTAX K-1で撮った写真が見たいですね!

▼今回ご紹介した『Digital Life Innovator』の記事
CP+2016 PENTAX K-1 ペンタックスのフルサイズ機がとても気になります