PENTAX K-1の発売で新たな写真の世界が生まれるのか?

R0010802

以前モニター使用させていただいたPENTAX K-3。
自分の持っているカメラとは違った世界観は、とてもワクワクするものでした。

それよりも上位機種のフルサイズデジタル一眼レフK-1が発売されるようです。
先日開催されたCP+では、体験するのに40分も並んだとか!
かなり注目されているようです。

P2270139

今回、この記事を書くにあたり、自分のブログでPENTAX K-3をモニターしていた時の記事を読み返してみました。
当時撮った写真は、今見てもいつもの自分の写真とは違う面白さがあります。
ぜひK-1も使ってみたいという衝動にかられました!

PENTAX K-1は2016年4月下旬発売予定。
お値段もフルサイズ(笑)。

ってワケで、早くPENTAX K-1で撮った写真が見たいですね!

▼今回ご紹介した『Digital Life Innovator』の記事
CP+2016 PENTAX K-1 ペンタックスのフルサイズ機がとても気になります

雪の京都とPENTAX K-3 + HD PENTAX-DA 70mmF2.4 LimitedとSONY RX100M3

DSC04222

自然の現象は『運』としか言いようがありませんが、その『運』を存分に生かせるスキルを常に磨いていると、また新たな財産ができるのではないか?と思った記事をご紹介します。

正月に雪が降った京都はネットでも盛り上がっていますが、やはり京都という日本の歴史の宝庫で美しい自然の使者・雪のお化粧は息を飲むほど美しいですね。
また京都を知り尽くしたDigital Life Innovatorならではの、フォトポイントのチョイスも秀逸!
雪化粧をした清水の舞台が美しいだけではなく、『清水の舞台から飛び降りる』ということがどういうことか実感できる壮大な写真に息を飲みました!
これはスゴい!

雪の京都を見てみたかったという方は、ぜひこの記事をご覧ください。
しばし京都にいるかのような実感を体験できますよ。

・雪の京都 名所巡り 清水寺 圓徳院 詩仙堂 圓光寺 貴船神社

http://saya.s145.xrea.com/archives/2015/01/snowy_kyoto_1.html

雪の金閣寺は冬の芸術品

IMGP1567

京都というと雪が少ないイメージですが、今年はお正月から雪が降っているもよう。
沢山の歴史的建造物が多い京都の雪景色、ぜひ見たいものです。
とは言え、離れて住んでいると雪の京都を満喫するなんて、ほとんど絶望的。
美しい雪化粧の京都は、近くに住んでいる方へのご褒美?!
幻想的な雪の京都をいつか見てみたいものです。

私の『いつか』の日が来るまでは、ほかの方の撮影したもので楽しみたいと思います。
今回ご紹介する記事はDigital Life Innovatorのもの。
お正月にたくさんの雪が降ったのは58年ぶりだそう。
この時期に京都滞在とは、まさにナイスタイミング!
降り続く雪と金閣寺。金と白のコントラストの美しさ。金閣寺は雪が降ることでより美しくなることすら計算に入れて作ったかのような、完璧なビジュアル。
お正月早々、美しいものを見れました。

時代物のドラマで京都の設定で雪が降っているシーンを見る事がありますが、今も残るお寺や神社ではドラマさながらの風景が繰り広げられているのでしょうか。
雪の多い新潟出身の私は雪には慣れ親しんでいましたが、この記事を見ながら『雪って降る場所で様々な顔を見せる』と思いました。
雪にフォーカスして、様々な角度から見たり考えたりするのも面白いかも♪って気づかせてくれた記事でした。

・PENTAX K-3 + HD PENTAX-DA 70mmF2.4 Limited 初詣と雪化粧の金閣寺

http://saya.s145.xrea.com/archives/2015/01/hd_pentax-da_70_1.html

京都の年末、京都の冬

IMGP1010

年末というと慌ただしくバタバタしたイメージなのですが、京都では華やかな年末が繰り広げられているようです。
少し出たら舞子さんに出会うという、東京にいたら考えられないスペシャル感。
さすが京都はいつでも別格です。

撮影に使われているカメラはPENTAX K-3。
レンズは HD PENTAX-DA 70mmF2.4 Limitedです。
PENTAX K-3は私も2度ほどモニター利用させていただき、返したくないほど屋外でのパワーを発揮してくれました。
あと、レンズとの組み合わせで思いもよらない絵が楽しめるのがいいと記憶しています。
そのPENTAX K-3で撮った京都の冬。
思わず見入ってしまいました。

ずいぶん昔、お正月の京都を満喫したことがありましたが、日本のお正月って感じで楽しかったです。
なによりも京都は街全体でテーマパークのようなイメージがあって、行くだけでも楽しいですもんね。

・PENTAX K-3 + HD PENTAX-DA 70mmF2.4 Limited 冬の京都散策

http://saya.s145.xrea.com/archives/2014/12/hd_pentax-da_70.html

マクロレンズで見つける不思議な世界

IMGP0462

マクロレンズ。
あまり生活には関係が無いと思っていて、趣味の世界で現実とはかけ離れたモノを撮るレンズと認識していました。

ご紹介する記事はPENTAX K-3と同時にマクロレンズをお借りしたときの記事。
肉眼では見えにくい細部はもちろん、旅先でも楽しい絵が撮れることを実感させていただきました!

いやぁ~ マクロレンズ、楽しいですね♪
ホント、欲しくなってしまいます♪

・PENTAX K-3とHD PENTAX-DA 35mmF2.8 Macro Limitedで楽しむマクロの世界

http://chiwamama.com/2014/03/k-3-macro.html

【PENTAX K-3】工場夜景は雰囲気がある!撮影方法と作例を紹介。

PENTAX K-3

工場夜景の写真をみたことはありますか?

工場自体は無機質な感じがしてこれはこれで魅力的なんですが、夜景になると雰囲気がガラッとかわりますね。そもそも夜の工場に行くことってめったにないですし、海沿いにある工場だと水に反射してまたよい感じに。

「ライトが星のように輝いているのはフィルター使っているのですか?と質問を受けましたが、強い点光源を絞って撮影したら光条が出るのですよー。」とのこと。なるほど。

下記の記事では、細かい撮影方法と作例が紹介されていますのでご参考までに!

・PENTAX K-3 + VANGUARD ABEO Pro 283CGH 川崎工場夜景 撮影方法と作例

http://saya.s145.xrea.com/archives/2014/06/pentax_k-3_abeo.html