台湾らしくない台湾

全くイメージという話ですが、『台湾』といえば中華風なイメージだった私。
中国ではなく中華風。
原色のネオンや屋台とか、人工的な感じ?

ところが、南国リゾートの顔を持っていたんですね!
台湾のイメージが一気に払拭されました。

のっちさん(@nochi5)が投稿した写真

高雄国際空港からバスで約2時間!
そこには台湾の最南端に位置するビーチリゾート「墾丁 (ケンティン・Kenting)」が!
まさに南国のリゾート!

厳冬真っ只中な日本からみると、本当に羨ましい限り。
冬に行きたいリゾート地ですね!

▼今回ご紹介した『TiMEZ』の記事
台湾とは思えない台湾のビーチリゾート「墾丁 (ケンティン)」より。

まるで絵葉書の世界!「ワイマナロ・ベイ・ビーチ」は2015年の全米ベストビーチNo.1

ワイマナロ・ベイ・ビーチ8

あまりの美しさにガン見。
なにかのテレビとか雑誌とかで見た、決して日本には無い景色がそこにありました。

2015年の全米ベストビーチNo.1がハワイにあるんですね。

それも、平日は、あまり人がいなくて、海を堪能できるんだとか!
まさに『ハワイ!』って感じのイメージの海です。

ワイマナロ・ベイ・ビーチ5

このステキな海は、休日になると、地元のファミリーたちがバーベキューや海水浴を楽しんでいるんだそう。
なんだか想像できそうなイメージの海です。

知らない土地、特に外国だと、なかなかこんなにステキな写真は撮れないと思います。
本当にステキな写真ですね。

ハワイに行く予定のある方は、「ワイマナロ・ベイ・ビーチ」を予定に入れてみてはいかがでしょうか。

▼今回ご紹介した『子ナビ』の記事
平日は超穴場!2015年の全米ベストビーチNo.1に選ばれた「ワイマナロ・ベイ・ビーチ」へ!

ディズニーキャラクターと超触れ合える朝食

アウラニ ディズニーリゾート&スパ_MAKAHIKIミニー5

日本にもレストランでキャラクターと触れ合えるものはありますが、こんなにもディープなのは無いかも!
これはスゴイ!

それに『キャラクターワッフルが食べ放題!』というね。
読んでいて、テンション上がりまくりの記事でした!

アウラニ ディズニーリゾート&スパ_MAKAHIKIミッキー2

これはAULANIの「MAKAHIKI(マカヒキ)」での「ディズニー・キャラクター・ブレックファスト」。

ビュッフェ形式の朝食がいただけて、ライブエンターテイメント、ディズニー・キャラクターとの触れ合いを楽しめるそう。
朝からミッキーやミニーに会えたら、そりゃあもう一日テンション上がりまくりですね!

記事中にはディズニーキャラクターとの触れ合った写真が沢山!
いい思い出になりますね!

それにしても朝食5,000円とは、超セレブ!
ディナーだと気にならないのに、朝食の価格がと思うと、私も驚きを隠せません(笑)。

▼今回ご紹介した『子ナビ』の記事
こんなにたくさん触れ合っていいの?!ディズニー・キャラクター・ブレックファストがもう夢の世界!

JALのエコノミークラスと新・間隔エコノミーの乗り比べ

新・間隔エコノミー

飛行機に乗るたびに、これ以上太れないと思ってしまいます。
うーん、飛行機の座席は狭い・・・狭すぎる!

コレを解決するには、痩せるか大枚を払ってアップグレードをしてビジネスクラスとか、はたまたファーストクラス?
それは無いな(笑)。

幅はなくても、前の席とのシートとの間隔の開いたタイプの「新・間隔エコノミー」を採用した飛行機があるようです。
足が伸ばせるだけでも、かなりラクチンなようですよ!

新・間隔エコノミー2

今回、紹介するのは子ナビのハワイ往復した時の体験談。
従来のエコノミークラスと「新・間隔エコノミー」を往復で両方体験したそう。

記事内の写真で見ると、かなり違うみたい。

前後の距離って意外と重要で、前の席が背もたれを倒しても気にならない距離と気になる距離があります。
足元がラクチンなのはモチロンのこと、前後との距離感にゆとりがあるのもいいかも!

それはそれとして、横幅の広いエコノミーもはよ(笑)。

▼今回ご紹介した『子ナビ』の記事
JALの「新・間隔エコノミー」が快適!3歳と5歳の子どもを連れてハワイへ!(旧座席と比較)

本場の小籠包が食べたくなったyoccoの台湾レポ

ブロガーセレクション

仕事で台湾へ行ったyocco。
キレイな写真でレポートされています。

台湾といえば小籠包。
私は、新宿高島屋に鼎泰豐(ディンタイフォン)が出来たときに初めて食べたのですが、それ以来、クセになりました(笑)。

日本には台湾から来ている小籠包のお店は鼎泰豐くらいしか知らなかったんですが、京鼎樓(チンティンロウ)というお店もあるんですね!
恵比寿や横浜にもあるそう。

IMG_1506

記事によると、京鼎樓のほうが具が多くてジューシー。
美味しかったそう。
この二店は日本にもあるので、日本にいながら食べ比べしようかしら(笑)。

記事には台湾一のビル・台北101から、庶民的な雰囲気の町並みまで書かれていて、プチ台湾気分を楽しみました!

▼今回ご紹介した『yocco』の記事
台湾・台北出張へ行ってきました。美麗信花園酒店・小龍包・東門。

自力でヴェルサイユ宮殿に行く方法

ブロガーセレクション

そろそろゴールデンウィーク。
私はすでに気持ちがゴールデンウィークなのかもしれません(笑)。

ゴールデンウィークといえば旅行。
海外に行かれる方も多いのではないでしょうか。
全く旅行会社におススメっていうのもラクチンでいいけど、ちょっと冒険気分で自力であちこち巡ってみるのも楽しいても!

今回ご紹介するのは、海外旅行の達人『迷ホト』の自力で行くヴェルサイユ宮殿の話。
書かれている詳しい行き方は、絶対に行けそうって思わせるほど!
一人で旅馴れたふりして、パリを闊歩したいなぁ(遠い目w)。

ブロガーセレクション1

記事内にも書かれていますが、海外旅行の目的地には自力で行って、別のところでお金を使おう♪に大きくうなづく私でした。

▼今回ご紹介した『迷ったら全部買っちゃえホトトギス』の記事
Paris(パリ)旅行記:ヴェルサイユ宮殿に行ってきた。

中途半端に長いトランジットを有効に過ごすコツ

ブロガーセレクション

海外旅行で体験することがあるトランジットやトランスファー。
早く目的地に行きたいのに、もやもやしますね。

そんな時でも楽しみを見つけるのがブロガー魂(笑)。
迷ホトがカタール航空を利用してオーストリアへ行ったときのトランジットの話。
カタールのドーハにあるハマド国際空港での帰りのトランジットがなんと7時間40分。
とても長いけど、航空会社側がホテルを用意してくれるトランジット時間よりも短かいそう。

そんな中途半端に長いトランジットを旅慣れた迷ホトの楽しみ方。

ブロガーセレクション1

中東での『旅行初心者の夫と丸腰の私』とのフレーズがたまりません(笑)。

ネット環境が整っているとは最高ですね!
私だったら数日過ごせますW W W

▼今回ご紹介した『迷ったら全部買っちゃえホトトギス』の記事
オーストリア旅行記番外編:カタールのハマド国際空港のOryx Lounge(オリックスラウンジ)は想像をはるかに超えた充実度だった。

まさに南国の楽園!The Royal Hawaiian

ハワイ

旅の楽しみの一つがホテルスティ。
そのホテルに泊まりたいがために、ホテルの有る現地に行くという方もいるのではないでしょうか?

今回ご紹介する記事を見て、このホテルに泊まるためにハワイに行きたくなりました!

宮殿のような豪華で重厚な建物の様子は、まるで南国の楽園!
ひと時の女王様気分も満喫できそうです!

すぐそばにはハワイらしい海辺の風景が繰り広げられているのですが、ホテルの内部からは全く想像すらできません。
とても贅沢なシチュエーションです。

P1014383

うんとうんと頑張って、自分へのご褒美にいきたいですね!

▼今回ご紹介した『yocco』の記事
【ハワイ豪華旅】ザ ロイヤルハワイアン|The Royal Hawaiian ホテル・ロビー

天空のプールは見たことが無い別世界!

IMG_6440

『こんな世界がこの世にあるなんて!』
海外の様子を紹介しているものを見ていると、そんなことを思うことがあります。
まるでこの世とは思えない!
それは自然だったり建造物だったり。
私がその場に行ったら足がすくんでしまうだろう、けど行ってみたい!

model

今回ご紹介するyoccoの記事は、まさに『こんな世界がこの世にあるなんて!』のお話。
超高層ビルの屋上は行ったことがあるのですが、それがプールになると、まるで別世界!
驚きの絶景とセレブ感。
見たことが無い世界です!

記事には夜の華やかな様子も紹介されていて、ますます行ってみたくなりました。
世界には、こんなにゴージャスな驚くような場所があるんですね!

▼今回ご紹介した『yocco』の記事
マリーナベイサンズ屋上プール、雨季でも毎週通いたい!

カラフルなシンガポール

IMG_6464

東南アジアというと派手なイメージがあります。
よく色の勉強をするとファッションでも『何色まで』ということを習いますが、カラフルなシンガポールを見ていると(色って多いのも個性)って思うようになりました。

日本では高級住宅街などでは景観を損なわないために同色に統一するという決まりがあるそうですが、シンガポールではそんな決まりもなんのその(笑)。
『みんな違ってみんないい!』っていう感じですね。

横浜とは違った雰囲気のシンガポールのチャイナタウン

IMG_6473

チャイナタウンって世界中にあるんですね!
日本では神戸や横浜。
記事によるとシンガポールは横浜とは違った雰囲気なんだそう。
チャイナタウン限定で世界を旅したくなりました(笑)。

IMG_6512

記事には仏教寺院のことが書かれていますが、日本でも見るような装飾があり、親近感を感じますね。

▼今回ご紹介した『yocco』の記事
パステルカラーなチャイナタウン@シンガポール