氷川丸が一般への公開を再開していたようです

DSC_5354

若い頃から大好きだった氷川丸。
異国情緒を感じるステキな船です。

数年前に展示を停止するということを知り、残念に思っていたんですが、Digital Life Innovatorの記事より、再び見学ができることを知りました。

今や横浜は沢山のビルや施設が出来て氷川丸は以前ほどシンボリックではないような気がするのですが、古き良き時代に作られた豪華な船はいつまでも残っていて欲しいですね。

若い頃、横浜に遊びに行ったら必ず乗っていた氷川丸。
再び会いに行きたくなりました。

・日本郵船 氷川丸

http://saya.s145.xrea.com/archives/2014/07/nyk_hikawamaru.html

モノ作りニッポンの姿

DSC_1043

わが国日本は『モノ作り』の国と自他ともに認められていますが、実際の現場を知る人はあまりいないと思います。

普段使っているモノはどのように作られているのでしょうか?
そんなギモンの答えを教えてくれるような記事をDigital Life Innovatorが書かれているのでご紹介します。

記事にはモノ作りの現場が今にも飛び出してきそうなリアル感で表現されています。
迫力ある写真に引き込まれます!

・ニッポンセレクト.comの錫のぐい呑みを作る能作さんの伝統技術鋳込みと高岡発展への想い

http://saya.s145.xrea.com/archives/2014/04/nipponselect.html

録画予約不要は便利すぎる!

DSC01060

全録DIGA BXT970をモニターされたときの話。
全録だから見逃しがありません!
めっちゃ便利そう。

Digital Life Innovatorでは、パナソニック全録DIGA BXT970についているBlu-rayレコーダで3D映像を楽しんだ様子も書かれています。
全録で3D。
想像するだけでも楽しそうなレコーダです。

またiPadとの連動も見逃せないところ。
一人で楽しんだり、家族と友人たちと楽しんだり、映像技術は映し出されるキレイな映像はもちろんのこと、便利さの進化も見逃せませんね。

・パナソニック全録DIGA BXT970 プロジェクターで映画鑑賞 iPadでワールドカップや新番組チェック

http://saya.s145.xrea.com/archives/2014/07/diga_bxt970.html

荘厳な日本の伝統

DSC_0566

素晴しい日本の伝統を見ると、これはいつまで続くのだろうと不安になります。
ほとんどの伝統は地方で続けられています。
高齢化や若者の流出。
だんだん無くなっていく日本の風景ではないでしょうか。

今回ご紹介させていただくのは、二上射水神社(ふたがみいみずじんじゃ)の築山行事(つきやまぎょうじ)という伝統行事を書かれたもの。
二上射水神社築山行事は富山県の無形民俗文化財に指定されているそうです。

記事からは荘厳な行事の様子や自然の壮大さが溢れんばかりです。
日本の記録・記憶としてもいつまでも残しておきたい記事です。

・高岡 二上射水神社築山行事

http://saya.s145.xrea.com/archives/2014/04/post_828.html

アニメから飛び出た実物大ロボットは実用化されるのか?

CIMG0837

お台場のガンダムや巨大なモニュメントは、そこまでどのようにして運ぶのでしょうか?
新幹線すら陸送することができるというので、プロフェッショナルなりの方法があるのでしょう。
もしも、運んでいるところが見れたら、飾られたものを見るよりもテンションが上がることでしょう。

今回ご紹介するのは、実物大98式イングラムのデッキアップイベントを迫力ある写真でとらえたDigital Life Innovatorの記事。
立ってしまうと見えない頭頂部の写真は貴重です!

このような大きさのロボットが警察として実用化されることってあるのでしょうか?
テレビ電話はムリだと思っていた私は、密かにあるかもしれないと思っています(笑)

・CASIO EX-100でTHE NEXT GENERATION パトレイバー 98式AVイングラムデッキアップを撮影、明&シゲさんも登場

http://saya.s145.xrea.com/archives/2014/04/casio_ex-100_th.html

都内から日帰りで楽しめる大自然

DSC_2743

いつかそのうちと思っているとなかなか行けない日帰り圏内。
スグに行けそうって思うのが悪いのか、結局今回も行かなかった・・・ってことが多いです。

私の中では『埼玉県秩父市 羊山公園の芝桜』がそのひとつ。
昨年、強く来年は行こうと思ったのに、今年も行かなかったです(涙)

そんな私を行った気にさせる記事をご紹介します。
記事には芝桜はもちろんのこと、秩父近隣の大自然を楽しまれた様子をDigital Life Innovatorならではの美しい写真で公開されています。

芝桜の静と激流下りの動。
東京からでも日帰りで楽しめる大自然が見事に描かれた記事です。

・SIGMA 24-105mm F4 DG OS HSM 今が見頃の芝桜と藤、そして渓谷とSL

http://saya.s145.xrea.com/archives/2014/05/sigma_24-105mm.html

海中がリアルに感じられる美しい写真

IMGP0133

Digital Life Innovatorの体験ダイビングの記事。
シュノーケリングは体験済みということでしたが、ダイビングは初!
そんな中でも、しっかりと写真に収められているのはサスガです!

記事にはダイビングをした美しい海中はもちろんのこと、海上の様子もDigital Life Innovatorならではの迫力ある美しい写真で紹介されています。

これからの夏に向け、海が恋しくなる記事です。

・Surf Diveさんではじめての体験ダイビング コブシメやアオヤガラ、熱帯魚などに感動

http://saya.s145.xrea.com/archives/2014/04/surf_dive.html

大迫力のブルーインパルス

DSC_3677

2020年開催の東京オリンピックに向け、1964年に行われた東京オリンピックの時に作られた国立競技場が取り壊され、新しく造り直されます。

国立競技場でのファイナルイベント「SAYONARA 国立競技場 FINAL FOR THE FUTURE」に行かれた時の記事。
Digital Life Innovatorの迫力ある写真の数々は、イベントに行かずとも行ったような気分にさせてくれます。

話題となったブルーインパルスの写真も大迫力!
東京の空を彩った飛行機雲もしっかりとらえられています。

この記事はもはやブログの域を超えた、永遠に残したい東京の姿だと思いました。

・SAYONARA国立競技場 FOR THE FUTURE FINAL ブルーインパルスとサッカー、ラグビー、ファイナルセレモニー

http://saya.s145.xrea.com/archives/2014/05/sayonara_for_th.html

私がお気に入りに入れている写真をキレイに見せる方法の記事

写真の加工

圧倒的な迫力と美しい写真のDigital Life Innovator。
見るたびに心が揺さぶられます。
で、本人にお会いするたびに『写真の撮り方を教えて!』って言うと『撮り方もあるけど加工もあるよ』というお返事。

Digital Life Innovatorの写真の美しさの秘密ともいえるこの記事はAdobe Photoshop Lightroom 5の使い方が分かりやすく書かれていて、私のバイブルとしてお気に入りに入れています。
今回、みなさんにも活用してもらいたくてご紹介しました。

記事では風景や食べ物・人物に至るまで使い方が紹介されています。
写真はアングルなど加工では補いきれないものもありますが、加工することを知っていれば、色がちょっと惜しいなという時に残念な写真も復活させることができます。

写真加工に興味のある方には超オススメな記事です!

・Adobe Lightroom 5 写真をきれいに見せる方法

http://saya.s145.xrea.com/archives/2014/06/lightroom_5_raw.html

【グルメレポート】車で富岡製糸場へ行ったらぜひ食べてもらいたい[鍋うどん処 さとり 牛カルビ煮込みうどん]

IMG_4588

富岡製糸場の世界遺産登録に沸く群馬県。
その群馬県の名産・ソウルフード『おっ切り込みうどん』を食べたブロガーのレポートです。

関東近辺では群馬県は小麦の生産が一位だそうです。
小麦の生産地ならではの美味しいうどん。
富岡製糸場へ行ったら群馬県の名産品の小麦を使った食べ物を堪能されるのがオススメ。

今回伺った『鍋うどん処 さとり』さんは、富岡製糸場からはちょっと離れた前橋市にありますが、車で行かれたらぜひ食べていただきたいと思います。
たっぷりの牛カルビの量には驚きますよ!

■圧倒的な美しい写真が魅力的なDigital Life Innovatorが撮る『鍋うどん処さとり 牛カルビ煮込みうどん(辛口)』

DSC00086

つい手を伸ばしてしまいそうなリアルな表現が素晴しい!
また食べたくなりますね!

・群馬県前橋市 鍋うどん処さとり 牛カルビ煮込みうどん(辛口)

http://saya.s145.xrea.com/archives/2014/06/post_833.html

■EOSkiss.comは鍋うどん処さとりでの作法も詳しく掲載!

鍋うどん処さとり_牛カルビ煮込みうどん1

鍋うどん処さとりでは鍋焼きうどんを注文すると『ごはん・たまご・漬物』が最初に運ばれてきました。
何も知らないでいると(卵ごはんがついてくるのかな?)って思います。
でも、それは最後の最後まで鍋焼きうどんを楽しむ秘訣のもの。
ごはんについて詳しく書かれているので、続きはEOSkiss.comの記事でご確認ください!

・富岡製糸場に行く前に腹ごしらえ!「鍋うどん処 さとり」のピリ辛牛カルビ煮込みうどんは絶品。

http://eoskiss.com/archives/677

■鍋焼きうどんに入っていた牛カルビの量に驚いた、ちわわのまま

IMG_4579

東京で食べるとしたら、この牛肉の量は3人前くらいではないでしょうか。
とにかく牛カルビの量には驚きました。
また牛カルビから出るお出汁もとっても美味しく、群馬県へ行ったらまた絶対に行きたいお店です!

・牛カルビが大量![鍋うどん処 さとり 牛カルビ煮込みうどん]

http://chiwamama.com/2014/06/satori.html

■すでに2回も食べている、おいしい毎日

鍋うどん処 さとり 牛カルビ煮込みうどん

すでに2回も『鍋うどん処 さとり』の牛カルビ煮込みうどんを食べているとーり氏。
以前より話を聞いていた私はとっても食べたかった(笑)

さとりは地元の人のみが知るお店で、以前行った時も満員だったそう。
地元の人が愛するお店こそ、真の美味しいお店だと思いました。

・鍋うどん処 さとりでピリ辛カルビ鉄鍋うどんを味わう

http://ameblo.jp/crown-bird/entry-11844279713.html

これから富岡製糸場に訪れたいと思っているみなさんも群馬県の美味しいものを食べてきたいと思っていると思います。
鍋うどん処 さとり 牛カルビ煮込みうどんはとっても美味しくって群馬県のことが大好きになると思います。
車でないと行くのは難しいのですが、ぜひ食べてもらいたい逸品です!

※今回の旅は、高崎にある楽しい眠りの専門店株式会社プレジールさんが富岡製糸場が世界遺産登録もありシルク製品のすばらしさを知って欲しいとご招待頂いたもので、旅費を提供していただき、登坂社長さん自ら群馬の魅力を案内していただきました。