香りさえ感じられるお茶屋さんのかき氷の話

しもきた茶苑大山_素氷に密

子供の頃、お茶屋さんの前を通ると、漂ってくるお茶を煎った香ばしい香り。
お茶屋さんから漂ってくるお茶を煎る香りはたまりませんねぇ~♪
ところが最近はお茶専門店も数も減り、店頭でお茶を煎るお店も見なくなりました(涙)

そんな私の興味をそそったのが、子ナビの日本茶専門店のかき氷の話。
茶師十段がいる日本茶専門店ということで、お店で茶葉を煎っているそうです。
その時点で行きたくなってしまった私ですが、併設する喫茶室・茶苑では期間限定で天然氷を使ったかき氷を提供しているそう。
たまりませんねぇ~♪
想像しただけで、ここは美味しいに決まってる!って思っちゃいました。

ふわっふわに削られた氷の写真は美味しさの証拠。
茶師ならではお茶系かき氷もあるそうです。

場所は下北沢。
実は私事ですが超若い頃Macを使ったデザインを教えてもらい、パソコンを使い続けるきっかけになった場所でもあります。
懐かしさW(ダブル)ということで、ぜひ行ってみたいと思うかき氷でした。

・【しもきた茶苑大山】下北沢に来たら1度は食べてほしい茶師十段のかき氷

http://nochineta.net/archives/17895

夏だ!肉だ!ステーキだ!

ステーキ

暑くなると、じーとしていてもスタミナの消耗が感じられます。
そうなると食べたくなるのは肉!
それもぶ厚いステーキ!!!

今回紹介するのは、迷ったら全部買っちゃえホトトギスが1,050円で300gのステーキを食べたときの記事。
女子で300gのステーキを食べたと公言(?)する人はホントに少なく、女子で大食いの私はめっちゃ嬉しい♪
女子だって300gのステーキを食べたっていいじゃない!!!
ってワケで、女子も肉で夏を乗り切ろう(笑)

記事ではランチ利用された情報が書かれています。
読んでいて、めっちゃ行きたくなったぁーw

・1,050円で300gのステーキが食べられる「いきなり!ステーキ」に行ってきた

http://yoko-desu.blogspot.jp/2014/07/1050300.html?m=1

納豆かき氷ですとwww めずらしいフレーバーが沢山のかき氷やさん

かき氷

今年はかき氷が流行っているそうですね。
かき氷といえば、昔からの夏のお楽しみ。
ゆかたにかき氷、日本の風物詩ですね♪

今回ご紹介させていただくかき氷は、巣鴨にできたばかりのかき氷やさん。
天然氷を使った贅沢なかき氷です。
氷は冷凍庫で簡単にできる時代に、なんて贅沢なことでしょう。

この記事の中で驚いたのは『納豆きなこ』のかき氷。
百歩譲ってもきなこはOKですが、納豆ですと!!!!!!
さすが、わんぱくさん! ではなくて、このお店面白いwww

その他にも今まで思いもよらなかったフレーバーがご紹介されています。
かき氷、奥が深いなぁ~(笑)

・巣鴨の「かき氷工房 雪菓」で天然氷とこだわりの自家製ソースのかき氷を味わって来たぞ!

http://munesada.com/2014/06/29/blog-3332

都内から日帰りで楽しめる大自然

DSC_2743

いつかそのうちと思っているとなかなか行けない日帰り圏内。
スグに行けそうって思うのが悪いのか、結局今回も行かなかった・・・ってことが多いです。

私の中では『埼玉県秩父市 羊山公園の芝桜』がそのひとつ。
昨年、強く来年は行こうと思ったのに、今年も行かなかったです(涙)

そんな私を行った気にさせる記事をご紹介します。
記事には芝桜はもちろんのこと、秩父近隣の大自然を楽しまれた様子をDigital Life Innovatorならではの美しい写真で公開されています。

芝桜の静と激流下りの動。
東京からでも日帰りで楽しめる大自然が見事に描かれた記事です。

・SIGMA 24-105mm F4 DG OS HSM 今が見頃の芝桜と藤、そして渓谷とSL

http://saya.s145.xrea.com/archives/2014/05/sigma_24-105mm.html

雰囲気を撮影するポイントを集約!子どもを撮影するときのご参考に。

撮影方法

EOS Kiss X7を使って撮影している「EOSKiss.com(for Family)」から、「顔が映っていなくても可愛らしさを表現するポイント」が書かれている記事をご紹介。

子どもの表情を撮影することで「可愛いらしさ」を表現できると思いますが、この記事で紹介されている写真は「ブログのポリシー上、子どもの顔は出さない」という部分から生まれたというのが面白いところです!

視点を少しだけ変えることで、自分なりの撮影方法を探してみたいと思います。

ただ、記事でも書かれていますが、子供の写真を残すときはちゃんと顔も入れて撮影してあげましょう(笑)

・子どもの顔が映っていなくても可愛い写真は撮れる!5つのカテゴリに分けて写真をまとめてみた

http://eoskiss.com/archives/617

W杯ブラジル大会決勝リーグに進出できなかったけどシュラスコのことはキライにならないでくださいっ!

IMG_4534

あ~あッテワケで、今まさに世界最高峰のサッカーの熱い戦いをみせていただいているワケですが、予選リーグの最中に私のブログで超人気だった記事をご紹介します。

それはシュラスコ!
シュラスコはブラジルをはじめとする南アメリカの肉料理です。
鉄串にさされ焼かれた牛肉や豚肉・鶏肉がテーブルまできて、目の前でスライスしてくれ、それをトングで受け取ります。
お肉はどんどんどんどん来ます!
焼かれた部分をスライスしてくれるので、とっても香ばしくて、とっても美味しいです。
食べすぎ注意(笑)

記事は銀座にある『バッカーナ』でランチでシュラスコを体験したときのもの。
『バッカーナ』は20年以上前に、東京でシュラスコの大ブームを作り、最近復活したとのこと。
シュラスコ以外にもブラジル料理を楽しめるのが魅力でした。

・バッカーナ銀座でシュラスコ食べ放題ランチを楽しんできました!

http://chiwamama.com/2013/10/bacana.html

海中がリアルに感じられる美しい写真

IMGP0133

Digital Life Innovatorの体験ダイビングの記事。
シュノーケリングは体験済みということでしたが、ダイビングは初!
そんな中でも、しっかりと写真に収められているのはサスガです!

記事にはダイビングをした美しい海中はもちろんのこと、海上の様子もDigital Life Innovatorならではの迫力ある美しい写真で紹介されています。

これからの夏に向け、海が恋しくなる記事です。

・Surf Diveさんではじめての体験ダイビング コブシメやアオヤガラ、熱帯魚などに感動

http://saya.s145.xrea.com/archives/2014/04/surf_dive.html

お昼寝は午後の仕切り直し、リフレッシュして仕事も効率よくこなせる

IMG_5958

神田神保町にある『女性のためのおひるねカフェcorone(コロネ)』を取材させていただきました。

私は普段はお昼寝をしないタイプ。
起きたら一日突っ走るタイプです(笑)
行くまでは、どんなところだろ?くらいの思いで出かけたのですが、実際に体験してみて、頭もスッキリしましたし、なによりも体が軽くなりました!
お昼寝には効果があるとは聞いていましたが、まさに自分で実感しました!

コロネさんでは様々なタイプの枕もあり、それを使ってお昼寝もできます。
私も珍しいタイプの枕を使ってお昼寝してきました。
枕に悩んでいる人にも、枕選びの場としても使えると思いましたよ。

『女性のためのおひるねカフェcorone(コロネ)』は家のそばにあったら毎日通いたいくらい心地いいカフェでした。

・お昼寝するとリフレッシュして体も軽くなるね

http://chiwamama.com/2014/06/corne.html

サスペンスドラマのラストに出てくる断崖絶壁は見たいけど怖い、けど見てみたくなる

能登半島観光

以前、『火曜サスペンス劇場』という2時間のドラマ枠がありまして、ほとんどのドラマの終わりは犯人が断崖絶壁に追い込まれるというお決まりのラスト。
ドラマの内容は忘れましたが、このような断崖絶壁には、行ってみたい、でも怖そう、でも一度は見てみたい絶景です。

この記事に書かれている『能登金剛』は、松本清張作「ゼロの焦点」の小説の影響を受けて、女性が身を投じたという、まさにリアルな舞台でもあったようです。

記事は穏やかさと激しさと能登の様々な顔を迫力ある写真で紹介されています。
読めば読むほど興味が湧き、行ってみたくなりました!

・能登半島を代表する絶景!「巌門洞窟」でパワフルな自然を感じる!

http://airoplane.net/2014/05/16/ganmon-kongo.html

九谷焼と江戸ガラスが融合した九谷和グラスを魅力ある写真でレポート

8C8A0754

九谷和グラスを取材されたときのレポート。
九谷和グラスは伝統ある九谷焼と江戸ガラスが融合したものだそう。
どちらも美しい日本の伝統。
そこからまた美しい伝統が生まれているようです。

丁寧に絵付けを追ったレポートは内容はもちろん九谷和グラスを魅了させます。

Canon EOS 5D Mark Ⅲを使われていて、どの写真も思わず見入ってしまうほど美しいです。

・伝統の九谷焼と江戸ガラスの融合/九谷和グラスの製造現場を見学してきた[ニッポンセレクト.com現地レポート]その2 絵付け編

http://tunakko.net/?p=10399