沖縄に家族旅行!小さい子どもを連れて行く際のご参考に!

子連れ沖縄旅行

子どもネタ、家族ネタを配信しているブログ「子ナビ」から、家族旅行ネタをピッアップ。

子連れ旅行の中でも、空路を使う旅行は色々と気になるところがある方も多いでしょう。この記事では、0歳と2歳の子どもを連れて沖縄に行ってきた旅行記がまとまっています!

子連れ旅行は、本当に荷物が多くなってしまいます。そこで大手ショッピングセンターを活用しましょう!(子ナビより)

そう、現地調達!それが一番楽。

この夏、お出かけの予定の方は是非チェックしてみてください!

・[まとめ]0歳と2歳の子供を連れて沖縄旅行に行ってきたレポート。

http://nochineta.net/archives/11753

iPhoneでもテレビ視聴が楽しめることを知る

DSC00310

iPhoneはAndroidスマホとは違い、テレビを楽しむことはできません。
チューナーもあるようですが、しょっちゅうバージョンアップするiPhoneに付属するアクセサリーを買うことは、とても躊躇します。

この記事にはパナソニックの全録DIGA BXT970を持っていることが前提ですが、無料アプリをインストールしてiPhoneでテレビをリアルタイムで視聴できるのはもちろん、チャンネルまるごと自動で撮りためたテレビ番組をいつでも見られるということが書かれています。

アプリの使い方も画面キャプチャーを使って丁寧に説明されているので、出先でもテレビを見たい人に参考になる記事だと思います。

・パナソニック全録DIGA BXT970 外出先からiPhoneで全録の番組を自由にリモート視聴

http://saya.s145.xrea.com/archives/2014/06/panasonic_media.html

【取材】ハワイアンスピリッツがこめられた石鹸『Indigenous Soap インディジェナスソープ』

IMG_9889

毎日使っている石鹸。
なんにも考えずに、ただ汚れを取るだけで使っていました。
ところがハワイ発のインディジェナスソープの開発者・ラブ・チャンスさんに『全てのものに魂がある』というスピリチャルなお話をお聞きする機会をいただき、石鹸に対する考えが変わりました。

インディジェナス・Indigenousとは『土地に根付いた、変わらない、生まれたままの』という意味だそうです。
人も自然の一部という考え方。
日本の石鹸は、どうしても工場で作る石鹸というイメージがあり、手作りで100%自然素材というものに出会うことが無かったこともありますが、石鹸にも魂が宿るという考えに驚きました。

日本にも『病は気から』という言葉があります。
ハワイにも病気は『半分は本当の病気で残りはスピリチュアルな部分が欠けた時』と考えられているそうです。
欠けたスピリチュアルな部分を自然のパワーで癒して治すという考え方があるそうです。

とことんハワイアンスピリッツがこめられた石鹸インディジェナスソープは、作る人のマインドにも気を配っていて、ネガティブなマインドになっている人は作業場に入ることが出来ません。
それは作った人のネガティブなマインドが石鹸を通じて使う人に伝わるから。
とてもステキなお話に感銘を受けました。

記事には、ハワイから来日されたインディジェナスソープの開発者・ラブ・チャンスさんが実際にインディジェナスソープを作っている様子も載せています。
生活になくてはならない石鹸ですが、インディジェナスソープは心も豊かにしてくれる石鹸として私も使い続けたいと思いました。

・ハワイアンスピリッツがこめられた石鹸『Indigenous Soap インディジェナスソープ』がシンシアガーデンから発売されます

http://chiwamama.com/2014/05/indigenous-soap.html

IT健保(関東ITソフトウェア健康保険組合)に入らないと格安で食べられないお寿司が羨ましい

鮨 一新 にておまかせコース

健康保険組合は医療費はもちろんのこと様々なメリットがあるのが魅力でもあります。
有名なリゾート地のホテルの割引やテーマパークの割引などなど。
健康保険組合を使って休日を楽しんでいる方も多いと思います。

とは言え、意外とどこも似たり寄ったり。
ふーん、そこにもデ○○○ランドの格安チケットがあるのねって具合でしたが、なんとIT健保(関東ITソフトウェア健康保険組合)の特典の記事を見たときに、ぜひ入りたいと思いました!
こりゃ~IT系の会社を立ち上げねば(笑)くらいに思いましたモン!

この記事に書かれている『寿司「鮨一新」』は関東ITソフトウェア健保会館内にあるそうです。
組合員か組合員と一緒に行った人のみしか食べることができません。
銀座の二つ星の超有名寿司店がやっているそうで、本店だと二万円もするおまかせコースが7,000円で食べられるそう。
この健康保険、メリットありすぎ!
ってワケで、私はIT健保に入っている人が連れてってくれない限りは行けないのですが、この記事を読んで、ぜひ行きたいと思っていますので、IT健保に入っている方、ぜひ連れてってください! ワリカンで(笑)

記事は、ステキな写真を撮られるのりおさんならではのしずる感を感じさせるお寿司がいっぱい!
見ているだけでヨダレもんです!

・IT健保の最終兵器 極旨な鮨一新の「おまかせ」がリニューアルしてより魅力的に…!

http://airoplane.net/2014/06/16/sushi-isshin-renewal.html

雰囲気抜群でフォトジェニックな柴又・山本亭。

柴又・山本亭にて

入場料100円(中学生以下は無料)で中を見学でき、もちろん写真も撮り放題という「山本亭」。後から調べてみて気づいたんですが、この山本亭は「合資会社山本工場(カメラ部品メーカー)」の創立者である山本栄之助氏の自宅だったそうです。

別に、この家でカメラの部品を作っていたわけではないと思いますが、不思議と撮影したい気持ちがわいてきますね(笑)

ブログ「ツブヤキ。」の記事では、写真を中心に紹介していますので是非どうぞ。全体を映している写真ではなく、山本亭の部分部分を切り取った写真が魅力的です!

・柴又 山本亭にて

http://tunakko.net/?p=8647

誰でも簡単に雰囲気のある写真を撮影できるInstagram(インスタグラム)はすごい!

インスタグラム

かなり前からあるカメラアプリ「Instagram(インスタグラム)」は、本当に雰囲気のある写真が簡単に撮影できますね!加工できる種類も多く、撮影した場所の雰囲気を強調させたい時なんかには役に立つアプリだと思い、私も使っています。

そういえば、日々の朝ごはんを真上から撮影し続け、本を出している方もいらっしゃいましたよね?あのお洒落な写真をみてしまうと、本当にカメラを新しく購入するべきなのかどうか考えてしまいます(笑)

ちなみに、スマートフォンのカメラの性能が格段に上がってきていることもあり、私の周りで「コンデジを買うかiPhoneを買うか悩んでいる」という方が結構いるんです。

「携帯電話にカメラ機能がついている」

つまり、どんなアイテムよりも肌身離さず持っている携帯電話に、昔とは比べ物にならない高性能なカメラがついているわけですからね。

技術の発展ってすごい。

・撮影した写真が一瞬でお洒落な雰囲気に。Instagram(インスタグラム)ってやっぱりすごい!(写真あり)

http://nochineta.net/archives/17767

【オーストリア旅行】意外に情報が少ない?政府観光局サイトは1度は見ておこう!

オーストリアの休暇. オーストリア政府観光局ホームページ.

旅のレポート中心に更新している「迷ホト」にて、「オーストリアの旅行情報が少なくて困った」という記事を発見。

バックパッカー的な旅ができる方はそれでも良いんですが、基本海外旅行はある程度の情報が事前にあると安心ですよね・・・。

記事では「オーストリア政府観光局、ウィーン市観光局の2つはとりあえず見ておくべき」とのこと。さらに、オーストリア政府観光局のサイトでは、日本語パンフレットをダウンロードできるみたいですよ!

情報が少ないオーストリア旅ですが、今後のレポートに期待したいと思います。

・オーストリア旅行の下調べするも、情報がなくて困惑中。

http://yoko-desu.blogspot.jp/2014/04/blog-post_30.html

【取材】短編映画に込める想い!ショートショート フィルムフェスティバル&アジア(SSFF & ASIA)2014

IMG_4095

ショートショート フィルムフェスティバル&アジア&2014のアワードセレモニーにPRESSとして取材させていただきました。
グランプリは『ホールインワンを言わない女』。
受賞されたヨセプ・アンギ・ノエン監督はインドネシア出身。
カタコトの日本語で『アリガトウゴザイマス!』と満面の笑顔で挨拶されました。
グランプリ以外にも、沢山の賞が発表され、会場は歓声につつまれ、出演された俳優さんや女優さんも多数集まり、とても華やかなアワードでした。

短いながらも感動がたっぷり詰まったショートショート。
長い映画もいいですが、短い時間に感動させてくれるショートショートはとても面白いと思いました。

取材させていただき映画をつくる人たちの本気度といいますが、思いといいますか、その熱気に押しつぶされそうになるような熱い迫力を感じさせられました。
真剣に立ち向かう姿にとても感動しました!

・ショートショート フィルムフェスティバル&アジア 2014グランプリは『ホールインワンを言わない女』
http://chiwamama.com/2014/06/shortshorts-2.html

【パリ旅行】ホテルじゃなくアパルトマンで1週間自炊して暮らす楽しさ!

パリ旅行はアパルトマン

海外旅行に行くときの楽しさは本当に色々あります!どうせ海外に行くなら現地で外食することが多いだろうし、中には宿泊施設のレストランとかで食べる人も多いですよね。

ブログ「迷ったら全部買っちゃえホトトギス(以下:迷ホト)」では、あえてホテルではなく「アパルトマン」という家具や家電付きのアパートを借りて1週間過ごしたんだとか。

確かに、現地の料理を食べるのも魅力的なんですが、一緒に行ったメンバーで現地の食材使って料理ってのも楽しそうだなぁ。

ご紹介する記事では、今回のパリ旅行で予約したアパルトマンを探すまでの流れや、現地でちょっと大変だったこと、楽しかったこと、手作りの料理なんかも披露しています!

海外旅行行きたいわ・・・。

・迷ったら全部買っちゃえホトトギス

http://yoko-desu.blogspot.jp/2014/01/blog-post_17.html

家族で長崎ハウステンボスを楽しもう!(子連れ3泊4日の旅)

ハウステンボス家族旅行

家族連れの旅行って子どもが小さければ小さいほど「行き先」はもちろん「宿泊施設」なんかも気になるかと思います。

子ナビでは「1歳と3歳の子どもを連れてハウステンボス3泊4日の旅に行ってきたまとめ。」ということで、長崎入りする飛行機の様子から、宿泊先のレポート、食事レポートなどまとめています!

ハウステンボスは、ホテルから街並みまでヨーロッパ調になっていてとてもフォトジェニック。パークオフィシャルホテルに泊まれば、1日中遊んでいられますね。

また、色々なコラボレーション(当時はワンピース)をはじめ、フラワーガーデン、イルミネーションも楽しめますし、パーク内にはアスレチックやパーク内限定サイクリングなども可能!

予想以上に家族向けだったのでお勧めです。

・ハウステンボスは家族旅行向け?!1歳と3歳の子どもを連れてハウステンボス3泊4日の旅に行ってきたまとめ。

http://nochineta.net/archives/15751